PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モコのこと・・・

  だいぶ更新も滞ったので・・・・

一家を代表してつれずれなるままに・・・モコのことでも

「アタシ様倶楽部」入会を記念して?

もっとも

モコは「女王様」ではなくホントはKYの天然ボケということが最近解ってきましたが・・・・

モコ画像1

恐いですねぇ 恐いですねぇ(淀川長治の口調で  汗) ↑

でも

3ニャンが赤ちゃん猫の時は優しいお母さん↓
母性 
どうですっ!
このお母さんぶり!


モコ一家 
3ニャンが5ヶ月までオッパイをあげていたんだから!
でも・・・・・・やがて・・・

「無礼モン~~!!」が・・・↓
恐いモコ1


おにーちゃん(同居の次男)がちょっと触っただけです!



おチャメなところもあります。↓
モコモコ1
何しているところか解ります?

モコモコ2 

モコがうちのコになったのは沢山の偶然がかさなったおかげ

○もし あの時窓が開いていなかったら(モコは突然窓から入ってきました。ビックリ仰天でした)

○もし タマが信州に行ってすっかり高原猫として幸せに暮らしていなかったら・・・、

○もし モコが多摩子おばちゃんの家を再訪していなかったら

○もし 家が工事中でなかったら、威嚇して足を拭かせないモコを家にいれただろうか・・・
    (工事中で家の床はどっちみち汚れていたので)

○もし モコが妊娠しなかったら

○もし 出産前夜、モコが多摩子おばちゃん家にこなかったら

○ もし 産気ずいてお外で出産していたら

純粋のチンチラなのでそのうち誰かが飼うだろう。それまでご飯をあげよう・・・そう思っていました。

でも

モコ自身が多摩子おばちゃんちのコになると決めたのです。

つまり私はモコに選ばれたのね♪

でも

条件を出しました。

「生まれてくるコもみんな幸せにしてあげるから、勿論そのうちの誰かを他所の子にしたりはしないから・・・・・・
 そのかわり、もう2度とお外にはいけないよ」

その約束はちゃんと守られています。





9年も前のことになりますが・・・・

「死ぬ前にしたい10のこと」という映画があって(今でもレンタルDVDにありますが)

ある掲示板に「あなたの死ぬ前にしたい10のことは?」というスレが立ち

9は何にしたかわすれましたが

当時漠然とですが「これだったら実現の可能性ゼロではないな!」という一つに

「猫10匹くらいと一緒に寝たい」というのを挙げました。

あくまでお遊びの掲示板ですから真剣に考えたわけではありません。



10匹は無理でしたが・・・・・


私の人生の後半にこんなサプライズがあるとは思ってもみなかった。


偶然も重なると必然?運命?





期せずして信州に送り出したタマのことが、あれでよかったのか、気がかりですが・・・・

あんなに重症だった腎不全もよくなって・・・・

体重は7キロから5キロ台に減ってしまいましたが水を一生懸命飲んで元気だそうです。

「猫が水を一生懸命飲む」というのは、おにーちゃんがタマの寝ているところまで水を持って行って飲ませるそうです。

タマはせっかくだからと一口飲む。寝たままで!

一口飲んでちょっと考える様子をして、ついでにと5、6口飲む。寝たままで!

別に具合が悪くて起きられないのではなく単に無精だから


それを1日数回すればかなり飲んだととになるそうです。

「そんなこと大変でしょ?」というと病院通いよりは楽なんで、タマにも病院がイヤなら水を飲むように言ってきかせているそうです。

食べ物は食べたい物を食べさせる方針でいくそうです。

そりゃいくら美味しい療法食でもマグロの方が美味しいでしょ。

「タマはすっかり年寄り猫になったけれど、歳とった日本猫も風情があっていいもんだよ」とはおにーちゃんの弁

そういう風にみてくれるのなら、タマも幸せでしょう。


私の元にいた方が万全の療養はできたかもしれませんが、どちらの方が幸せかは解りません。



私は猫には(猫にはというのが意味しんですが  大汗)恵まれたな、とつくずく思う今日この頃です。
スポンサーサイト

| | 21:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ミミココ 様v-5
>モコ様・・・障子を突き破ってドコにいくの~?
 (*≧m≦*)プププw ホントにっ!
ところで・・・
ミミココ様(様と呼ばせて下さい 大汗)にあやまることがございます。
「アタシ様倶楽部」入会に続き、またまた真似っこさせていただきます。 汗
「セカンドブログ」つくる予定。
「真似しないで~~!」なんて言はないでね 汗

| 多摩子 | 2010/05/05 23:56 | URL |

お久しぶりです♪
アタシ様クラブ入会おめでとうございます(*゚∀゚*)
色々な偶然が重なって本当に良かったなって思います

モコ様・・・障子を突き破ってドコにいくの~?
゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚お茶目~

| ミミココ | 2010/05/05 21:41 | URL |

音子様v-5
今は障子、プラスチックです。
最後の和紙の障子、思う存分楽しませてあげました。
モコの短い足とオチリ、面白いでしょ♪



peeko様v-5
>それをおネコ様はちゃんと受け入れてくれますから…
へタレなおばはんの努力を判ってくれるなんて・・・ありがたいこっです  く(*´▽`)エヘヘッ

| 多摩子 | 2010/04/29 20:22 | URL |

精一杯の努力

それでいいんですよ。
それをおネコ様はちゃんと受け入れてくれますから…
爆睡してるおネコ様を見て、多摩子さんもしあわせを感じて下さい。(*´∇`*)

| peeko | 2010/04/28 21:53 | URL | ≫ EDIT

モ、モコしゃん

多摩子ママ大好き♪
子育て好きスキ♪

そして障子も大好きなんですね(^皿^)
あんなにペッタリ張り付いちゃって♪

| 音子 | 2010/04/28 14:31 | URL |

peeko 様v-5
>おネコ様は自分がしあわせか不幸かなんて考えません。
ただその境遇を受け入れるだけ。

これがスゴイと思う!!
その境遇を受け入れ、順応し不平不満を言はず淡々といきている。
そこんとこ、犬とはちょっと違う。
現代人と言うか・・・私は・・・と言うか
物事あまり深く考えず(クヨクヨ悩まず)、高望みせず、今ある環境の範囲で、「これでヨシ」とする。
まさに猫的発想が今の私には必要。

でも
猫の高望みなんて高が知れているから・・・もっと広いお家に住みたい、なんて望みはダメだけれど 汗
猫の「その環境」は私の精一杯の努力でいいものにしてあげたいと思っています。

| 多摩子 | 2010/04/27 22:39 | URL |

偶然は必然♪

モコちゃんはそう言う経緯で多摩子家の住人になったのですね。
本当に出会いって不思議な物だけど、それってきっとただの偶然ではないような気がする。
出会いって「縁」だと思うから…
おネコ様は自分がしあわせか不幸かなんて考えません。
ただその境遇を受け入れるだけ。
だから「縁」のあった子には精一杯の愛情を…
信州のお兄様の愛情もしかり…です。
どれだけ医療が発達しても看護&介護の愛情に勝るものは無いと思うから…
多摩子さんの「10匹のネコと眠る」の野望は叶わなかったかも知れないけど、「「恵まれたネコ生活」の方がいいと思うよん♪

| peeko | 2010/04/27 21:50 | URL | ≫ EDIT

竜之介様v-5
砂漠のど真ん中、大草原だったらともかく・・・・
人間の視界に子猫が入ってくる確立は極めて低い。
道のある一点を通過する時間はほんの一瞬。
考えてみると不思議な気がします。
そんな不思議な一瞬を猫は、予知しているみたいです。

>ラナはそれが分かっているかのように
猫って人間のことをよくみているのね。動作だけでなく心の中まで見ている。そしていろいろなこと、ちゃんと解っている。

ただ可愛いだけでなく、ドラマ性があって神秘的で哲学的で、
だから猫好きな人間は「猫様はエライ!」と思ってしまうのね♪



にゃんこ先生v-5
>どんな出会いも偶然じゃなくて必然
そうなんですよね
きっと気持ちの余裕がないと偶然でかたずけてしまう。
でも
たちどまって深呼吸してみれば、それが決して偶然ではないことに気がつく。
いつもずっと後になって気がつくのだけれど・・・

>老猫の物静かな佇まいも、人使いの荒さもおつなものです

よく(それほど猫が好きでない人?)が、ずっと子猫のままだと可愛いんだけれど・・・と言うけれど・・
子猫って勿論可愛い。でも猫ってそれぞれの年代で魅力があるのよね。
魅力があるのは若いうちだけ・・・は人間?・・・にならないように・・・努力しますです(^┰^;)ゞ

| 多摩子 | 2010/04/27 20:10 | URL |

゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン
モコ母さんは 多摩子さんに出会うべくして出会った子ですね。
「偶然は偶然じゃなくて必然なんだよ」って
どんな出会いも偶然じゃなくて必然
そして それをどう選択するかで自分の運命を決めていくのだ…と
昔、ある人に言われたのをずっと覚えています。
モコ母さんも、多摩子さんも「今」を運命として選択したんですねぇ~^^
そんな私も 必然の理でララさんと山田と暮らしてます♪

タマさん お水飲んで頑張ってるんですね!
良かった~!
老猫の物静かな佇まいも、人使いの荒さもおつなものです。(経験者談w)


| にゃんこ先生 | 2010/04/27 04:13 | URL |

こんばんわ。
いつも楽しみながら読んでいます。

モコさんがどのような経緯で幸せになれたのか、
今回初めて知りました。
正直僕は、運命というのは毛頭信じていなかったのですが、
多くの方から聞く、偶然の重なりによる出会い。
そして僕自身も、愛猫ラナと出会えたのが、
いくつもの偶然によるものだ、と考えると
運命というものを信じてみたくなりました。

僕がラナと会ったのも、その日偶然、
滅多に行かない場所で友達と待ち合わせし、
滅多に行かない時間帯に、
滅多に通らない道を通った事によりました。
しかし子猫を見たとしても、
健康であったなら拾わなかった。
偶然病気で、偶然そこに居、偶然接触できた、
一連の偶然による出会いでした。
友達と会っても、その道を通らなければ、
通ったとしてもラナが見えなければ、
見えたとしても、病気でなければ、
病気だったとしても、捕まえられなければ
捕まえたとしても、ラナが家族に容認されなければ、
今のラナとの幸福な生活はありませんでした。
猛反対な家族も、ラナの性格の良さに、
今は甘んじてくれています。
ラナはそれが分かっているかのように、非常に従順です。
大人しく、気を使い、猫らしくない猫でもあります。

一度出会い、心を決めたからには、
何が何でも、絶っ対幸せにしてやる!!
今はそんな思いです。

| 竜之介 | 2010/04/26 23:28 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://mokodaiusasukeazuki.blog77.fc2.com/tb.php/103-ca0cc5aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。